生活習慣病の尿毒症には適切な医薬品と食生活が重要

最近は若い方から中高年に多い糖尿病ですが、その延長線上には様々な病気が待ち構えています。
生活習慣病で最近言われるのは上記の糖尿病ですが、その合併症の中に毒素を体外に排出出来なくなる尿毒症があります。
神経系の病状としては抹消神経痛、知覚異常が出ます。そして筋肉や皮膚に様々な症状は出始めます。
男性でしたら性に関する症状も引き起こし、女性でしたら無月経になる方も居ます。これらは全て腎機能の低下が
引き起こす症状です。初期症状は異常な疲れと思考力低下、浮腫みや肺水腫等が上げられますので少しでも思い当たる点があれば早期に病院の泌尿器科へ行く事です。
その前にまず予防が大事ですが、生活習慣病と言われるくらいですので、やはり見直すのは食生活と疲労の蓄積です。

腎臓からくる尿毒症ですのでまずは腎臓を痛めるような事は高血圧・感染症予防のうがい手洗い・あまりにも激しい運動や過酷な仕事、またお酒と煙草です。医薬品で沢山のサプリメントが出てはいますがあくまで健康補助食品ですので
野菜中心の食生活を心掛けたいです。
しかし自覚症状があまり無いと言われる尿毒症ですので放って置くと更に病気が進行し、老廃物が排出出来ない身体になってしまい最悪の場合、慢性腎不全になり人工透析が必要となってしまう事もあります。その後は腎移植などの深刻な問題も引き起こしてしまうのです。勿論病院で出される医薬品で治療をする軽い段階での発見も早期であれば可能ですし、今は毒素を体に貯めない球形吸着炭と言う毒素を吸着してくれる画期的な医薬品もあるので、早い段階では十分に改善可能です。そして生活習慣病を一度振り返り、働き過ぎや過度の運動などの立て直しが最重要だと言えます。

ページトップへ