2014年時点の医薬品とホメオパシーの評価

医薬品は化学的な根拠を元に開発されていたり、治療に使える安全性を確保した上で販売、医療目的の使用が行われています。
一方のホメオパシーは、代替医療の一つと考えられていますが、化学的な効果の証明は乏しい事、十分に安全性が確認されていない事が欠点です。
ホメオパシーとは、毒を薄めると薬になる考え方で、無害になる程薄めた毒を薬として使用する治療法です。
2014年現在でも医薬品に比べ認知率が低く、主な医療の選択肢として用いられる機会は限定的です。
また、医薬品は古い歴史と安全性実現の仕組みを持っているので、歴史が浅いホメオパシーより優位な事は明白です。
2014年の時点で、ホメオパシーにある優位な点は、症状が現代医学で解明されなかったり、効果的な医薬品が見付からない場合の代替として検討出来る事です。
医薬品を支持する医者の中には、完全にホメオパシーを否定する人もいるので、治療の現場で話題にする事が嫌われる場合もあります。
医薬品であれば、薬の働きが解明されていたり、使い方の注意点が認知されているので、その点でも不確定な治療法より優位性があります。
2014年時点のホメオパシーは、医薬品を代替する対等の治療法ではなく、あくまでも選択肢の一つとして考慮する存在に過ぎません。
ただ、ホメオパシーには解明されていない部分に加えて、実際に効果を実感している人もいるので、2014年から更に研究が進めば、将来的に役立つ存在になる可能性はあります。
2014年現在は、医学の大部分に否定されている治療法ですが、使用して症状が改善されたり、日常生活の質が向上しているケースは否定出来ません。
病気には未知の症状が存在する様に、発見や確立されていない医薬品の存在もあるので、ホメオパシーに限らず2014年以降の医学の進歩には注目が集まります。

ページトップへ