トリマーになるには資格が不可欠

img1-1

トリマーとは、犬や猫の毛をきれいに整える「ペットの美容師」として知られています。ペットの毛は放置しておくと、見た目が悪くなるだけでなく、衛生的にもよくありません。
そこで、定期的に毛をカットしたり、シャンプーをするなどのケアが求められます。

トリマーの資格情報を厳選して紹介します。

同時に、トリマーは耳掃除や爪切りなど、ペットの健康管理についても知識が求められます。つまり、ただの美容師ではなく、時には看護師のような役割も果たします。



この仕事に就くためには、美容師や看護師のような免許は必要ありません。

しかし、民間の資格を取得すると有利な就職活動へとつながります。

その理由は、日本のペットブームにあります。
日本ではペットを飼う世帯の割合は、全体の3割も達すると言われています。

今後もこの傾向が続く見込みで、トリマーの役割は増える一方です。


同時に、愛犬家や愛猫家が増えていく中、ペットを取り扱う際には、より正確な技術と知識が求められます。
こうした背景から、多くのペットサロンでは、実務経験や資格を応募条件としているところが多く、資格なしではなかなか採用されにくい現実があります。トリマーの資格を取得するためには、専門学校や通信教育で専門の勉強を行うのが基本です。

通学するメリットは、トリマーを目指す仲間たちと切磋琢磨できる点です。実技の授業もありますから、実用的な学びができます。



一方、通信教育では時間がなかなか取れない方や、資格取得の費用を少しでも抑えたいという方に向いています。

トリマーについての考察

img2-1

ありのままでも充分可愛らしいイヌやネコですが、体毛をカットすることでさらに外見を磨き上げたり、耳や爪のケアをするのがトリマーの仕事です。国家資格がないので動物を愛する心と、トリミングの技術を身につける事さえできれば、誰もがトリマーとしてペット業界で活躍することができます。...

more

トリマーの納得の真実

img3-1

飼い主にとっては単なるペットではなく、伴侶動物とも呼ばれるかけがえのない存在になったイヌやネコですが、健康状態や食事を気を付けるのと同様に、ファッションや毛並みなどの美しさや愛らしさもさらに重視されるようになりました。愛犬や愛猫の美容師のような位置づけのトリマーですが、ペット業界の中でも多くの人材が求められています。...

more

トリマーの情報分析

img4-1

トリマーの資格取得をすると、トリミングサロンや動物病院、ペットショップなどで働くことが可能になります。技術力が重視されるので必ずしも資格が必要というわけではありませんが、やはり資格をもっていると有利です。...

more

トリマーについて思うこと

img5-1

今現在、高校への進学率が97%を超えていますが不登校は少なくありません。2016年に行われた政府統計の踏査では長期欠席者の割合が2.4%となっています。...

more
top