高校で不登校になってしまった後の選択肢は? - トリマーになるには資格が不可欠

高校で不登校になってしまった後の選択肢は?

subpage-img

今現在、高校への進学率が97%を超えていますが不登校は少なくありません。

2016年に行われた政府統計の踏査では長期欠席者の割合が2.4%となっています。この数字は40人におよそ1人という計算になります。
進級、卒業のために単位が必要となっている義務教育ではない高校で不登校になった生徒はどのようになるか見ていきたいと思います。


1年間に1つの教科について3分の1以上の欠席で単位を落とすことになり留年となってしまいます。

こちらの高校で不登校の特別な情報を載せています。

72時間の授業時間の設定のある科目を例に出すと23時間以内であれば休んでも単位を取得できることになります。しかし36時間しか授業時間のない科目になると12時間以上休んでしまうことで単位が取得できなくなってしまうため留年となってしまいます。

授業日数さえ足りていればテストの点が赤点だったとしても課題の提出、補講などで学校側がフォローすることができます。
高校に入って不登校になり日数が足りず留年しないといけなくなった場合、留年以外に、転校、中退という選択肢がありますが、編入試験に合格しなければいけなかったり生徒数の店員がいっぱいの学校には入れなかったり、転校後の学校で卒業するために必要な単位が取得できなかったりといくつかのハードルがあります。

そのため通信制高校を選ぶ生徒の方が多くなっています。



高校に入って不登校になったからといって人生を悲観してはいけません。

必ず道はあり、環境を変えるだけでやり直すことは十分可能な時期です。

不登校にはさまざまな問題が絡んでいますが新しい選択肢に目を向けて前向きに人生を考えることで道が開けてきます。



top